政治結社 皇國憂和会とは?

会長

政治結社 皇國憂和会、会長の檜掛です。
政治結社 皇國憂和会は、日本政治教育推進会議のもと22年前に政治結社 愛國憂訂会と他一団体の三団体で結成されましたが、現在は皇國憂和会と愛國憂訂会の二団体です。 政治結社 皇國憂和会は、発会当初より年々薄らいで行く我が日本民族の魂及び精神を呼び起こそうと、勉強会を重ねながら街頭街宣を行っております。 我々皇國憂和会は、我が国日本の歴史・伝統・文化を護持し、憂国の情を持って我が国日本の繁栄を願うものです。

政治結社 皇國憂和会 綱領

第一条 本会は日本民族しいては全人類の平和と繁栄を願い共産主義勢力の排除と撲滅の為に研究と実践を通し、日本の国防と且繁栄と発展の為に一身をもって赤色「革命」から日本を防衛するを第一目的として行動する。
第二条 本会は第一条を本意とし、誠心誠意をもって応えることを誓約書に署名しなくてはならない。
第三条 本会のその研究と実践は、会員の個人的意思を尊重し出勤又研究活動に一切強制を加えない。
第四条 本会は会長をもって代表者とし、その研究又活動については会長の指揮によって行動する。
第五条 本会員は、会運営のために自発的献金をすると同時にその研究活動費はその大方を献金によって運営する。
第六条 本会員は、いやしくも日本民族としての研究活動に誇大宣伝、誇大活動且又会員として恥ずべき行動をもって日本民族の先頭を汚す行動をしてはならない。
第七条 憂和会の規約は別に定める。
第八条 会員は、日本国民たることを誇りとし且その国旗、国歌を尊重しなければならない。

政治結社 皇國憂和会 心得

第一条 会員は日本国国民であることを誇りとし且その言動は社会人としての正業を持ち思慮分別を備えた人格形成に努力しなければならない。
第二条 会員は一切の人種門地且又身体精神障害者に対する差別を行ってはならない。
第三条 会員は確固たる自由人としてその信念を持ち少なくとも他人の生命財産を理由なくして侵してはならない。
第四条 会員は自由社会に反する行動ありたる者に対して一歩たりとも後退してはならない且又そのことによって死すとも日本国国民として誇りをもって死すべし。
第五条 会員はその実践行動に於いてその個人の意思に反して参加することはかえって大同団結を破壊する怖れ大として会員個々人がその役割りを自認しなければならない。
第六条 会員は誇大報道宣伝且又行動をもって会の本意とする赤色「革命」に反対する人々の信頼を失ってはならない。
第七条 会員は会員としての行動について一切その言動は会長又はそれに代わる者の命令に従わなくてはならない。
第八条 会員は不言実行を尊ぶべし。

topへ ページの上へ